のうないはらっぱの世界

発達障害〜ADHDの息子(8)〜を持つシンママのつぶやき

子供達の恋愛事情

 

こんにちは。はらっぱです。

 

先日友人(女)の家に行った時の話。

引越しをするということで”手伝い”という名目で訪れたのだが、案の定交代で家事をしたり子供の相手をしたりといういつもの過ごし方となった。

友人私の息子(7)はタイプが似ているので同じ空間で無言ながらゲームに夢中になっていた。時折ゲームについて語りながらゲームの世界で暴君を披露する息子を見て、友人が声高らかに笑う姿も見受けられた。

そして友人の娘(7)のタイプが似ているため、一緒に漫画を開きそのシーンについての評価を語る。一緒に昼食の準備をしたり、外で砂遊びをしたり、子供用のマネキンでヘアアレンジをしたり居場所を転々としていた。

 

 唯一皆が揃ったのは昼食の時間。友人の娘とカレーを準備し4人で食した。

息子はカレーなのに白飯だけを食すという相変わらずの偏食ぶりを披露していたが、空になった皿を運び食休みの時間。

友人の娘が ”詩集” を持って私の隣に座った。反対側には息子が座っている。「それなに?」と私が聞くと「載ったの!」と答える。中身を見せてもらうと、選ばれた小学生達の詩が集められた中に友人の娘の名前があった。

 

 

「さすがだねー!〇〇ちゃん(友人の娘)の小学校で他に載った子いるのー?」

「えっとね、3人だけのった!違うクラスの〇〇くんと、彼氏!

 

 

 

ん・・・? 彼氏・・・?

 

 

 

ちょっと整理しよう。

小学1年生で ”彼氏” がいるということに普通は驚くだろう。

でもちょっと待て。友人の娘の彼氏は私の息子だったはずだ。

 

友人とは子供が未満児クラスから同じ保育園に通っていたために知り合い仲良くなった。そして偶然にも友人の娘と私の息子の距離も近かった。それから年中まで同じ時を過ごしている中で、いつの間にか ”彼氏” ”彼女” という立ち位置に変わっていたはずだった。

 

 

 

やばい。息子が聞いている

 

 

 

もちろんまだまだ幼い子供だ。気持ちの移ろいは早い。私たちの子供時代だって、「好きな人はあー、〇〇くんと〇〇くんと・・・」と何人もいるのは珍しくなかった。

だが今は時代が変わった。子供の恋愛事情はどんどん進んでいる。

 

これはどうフォローしていいものか。友人も息子をチラチラ見ながら気にしている様子だ。そこで迷った挙句の私の一言

 

 

 

「えええー!もう彼氏いるの!〇〇(息子)聞いたー!?

 

 

 

えぐった。息子の心をえぐった。

よりによって何故その反応を選んだのかは私にも未だ理解できない。”もう” と言う前に保育園時代から2人は恋人という仲だったではないか。ということは ”浮気” とも取れるのか?慌てふためく私の心。

 

だが息子の返答は・・・

 

 

 

「すごいねー!(目はゲーム画面)」

 

 

 

え?褒めたよね?今、褒めたよね?

 

これは果たして、ショックを隠しているのか?はたまたよくわかっていないのか?それとも天才並みに受け入れが早いのか?

 

まさかの返答に私は、

 

 

 

「なんですごいの?」

 

 

 

これ絶対聞かなくていい。こっちから共感を強要したんじゃないか。

何故聞いたのか。逆に私の心を落ち着かせて欲しかったのかもしれない。

 

 

 

「だって今すごいねって言ったから(相変わらず目は画面)」

 

 

 

おう。そうか。

これは単純に受け止めよう。

 

ある種の ”失恋” と受け取った私たち。”ショックを受けること” や ”寂しいこと” という概念があるのは息子以外の3人だけだった。単純に息子は友達として会いに来ていただけだった。同じ時を過ごせれば息子は満足だった。

息子にとったら ”恋愛” すら始まっていなかったのだ。

息子はその後も何事もなかったかのように無言でゲームに夢中だった。

 

帰り際、今日息子が夢中になっていた ”任天堂switch” は何故今買ったのかという議論になった。単純に ”来月誕生日だから” という理由に尽きたのだが、友人の娘が「〇〇日だっけ?」と疑問を投げかけて来たため、私が「ううん。◇◇日だよ。」と答えると、「ああ、〇〇日は彼氏か。」と。

 

ぶっこんでくるなこの娘は。もう ”ジェラシー” を相手に巻き起こすテクニックを駆使している。

 

だが、息子には通用しないのだった。

 

帰りの車の中で「今日楽しかったね!」と言う、まずゲームしかしていなかった息子の屈託のない笑顔から発せられるその言葉に私の心は微量の痛みを感じるとともに顔は緩んだ。

 

時代が変わったとはいえ息子にはまず興味がなかったようだ。いらぬ心配をしてしまうのも親だからなんだろう。

といっても、まず ”彼氏” ”彼女” の位置付けに興味がないのは私の方だった。息子は生まれてからそんな私しか知らない。人間は肩書きがあると安心する生き物だ。ただそれだけのことだった。

 

そんなマイペースで素直な息子が大好きだと感じた1日だった。

息子にとって ”恋愛” はまだまだ先の話なんだろう。

 

じゃあ、またね。