のうないはらっぱの世界

発達障害〜ADHDの息子(8)〜を持つシンママのつぶやき

ストラテラ服用〜3ヶ月後の事件〜

 

どうも。はらっぱです。

 

最近息子が学校へ満足に通えていない。

ちょくちょく体調を崩し、1週間丸々休むこともある。

9月に入ってから口内炎が治らないなーと思っていたら、舌先が白く変色していき、水ぶくれでも潰れたんかというような凹凸や赤い部分も現れた。

 

ストラテラで食欲がなくなったせいなのかとも思った。元気がない日が続き、あんなに寝なかった息子が寝るようになったのだ。

 

そのため、9月後半の受診日に主治医に相談した。

だが、ストラテラの副作用に「口内炎」という項目はないということだった。食欲がなくなった延長線にいるのでは、と。

とりあえず、朝夕で服用中のストラテラだが、朝の分をやめてみることにした。

 

だが、口内炎は一向によくならない。

近所の小児科を当たるも、一旦症状が落ち着いたと思えばまたぶり返している状況だ。

 

昨日も病院へ行ったが、「口内炎はビタミン不足というより、風邪ってことが多いからね」ということだった。

 

息子に何が起きているのか、本当にわからず困惑している。

 

現実的にこれだけ休みが続くと、生活するのもやっとだ。這いつくばって生きていた毎日に更に追い討ちがかかり、私の精神もいつまでもつかわからない。

 

実は知り合いに「舌癌」を罹患した方がいる。

2週間以上口内炎が治らないと注意したほうがいいらしく、口内炎だと思っていたら舌癌だったというケースが目立つらしい。

その方も口内炎が治らず、おかしいと思って受診した上での診断だった。

舌をよく噛んだり、舌に歯型がつく人、喫煙や飲酒、口内が不衛生であることが原因となる癌だそうだが、息子は普段から指先を舐める癖があった。そこに口内炎ができてしまったら気になって仕方なく、我慢できず手で触ってしまうことも多々ある。注意していても、だ。ADHDの特徴でもあるのだろうか。

 

余計怖くてたまらないじゃないか。

 

とにかく様子をみていくしかないのだろうが、口内炎と早く決着をつけたい今日この頃だ。

 

ストラテラに関係なく、「今反抗期なんじゃないの?」という先生もいてくれてるおかげで、ストラテラの服用を中止しようかと思う選択肢も私の中にできた。

 

と、思っていたら息子自身「薬なんか飲んでも変わらないから!飲むと気持ち悪いからもう飲まない!」と言い出した。

薬を減らした時も、息子とあらかじめ相談をしていた。本人の気持ちが一番大事だからだ。それでも薬を信じる気持ちがあって、吐き気を催すとも言っていなかったから続けたのだが、もしかしたらストラテラ自体が合わないのかもしれない。

 

本人の中に一番葛藤があるのだろうと思う。

 

その葛藤が体に現れているのだろうか。

 

これから学芸会を控えているストレスもあるのかもしれないが、様子をみていこうと思う。

 

最近ゲームで負けてしまった時や、これ危ないから片付けようね、という程度の注意に対しての癇癪が酷くなっていた。この世の終わりかと思うほど泣き叫ぶのだ。

構って欲しさがあったのだと思う。大抵は「どうしたの?」と駆けつけ、ゆっくり話をする。

だがその味を占めたのか、どんどんヒートアップした息子にさすがにカチンときて、ある日またこの世の終わりのような泣き声が聞こえてきた時、無言で部屋のドアだけ閉めた。

そうするとどうだろう。

泣き叫ぶ前に「ピアニカの練習しようね」と言っていた私の言葉を思い出したようで、ピアニカを持って私のところに来た。

ピアニカを弾き始めた息子が「ピアニカうるさいな」と言ったので、皮肉を込めて「この世が終わるほどの泣き声より全然うるさくないよ」と返してやった。

そうするとまた機嫌を悪くして、買い物から帰ったばあばの元へ行った。

 

そこで、今起きたことをばあばに報告し始めた。

冷静に言葉にして、自分が悪かったことを話していた。

なんだあいついい奴じゃん、と少し自分を恥じた。(母)

 

しばらくしてまたピアニカを持って私のところへ来た。

すると「お互い機嫌が直ったところでやりますか!」という息子。

なんかいいとこ全部持ってかれた気がするが、私より大人な対応に私の機嫌も直った。

 

なんだろう。

悟っている部分と子供の素直さの差が激しすぎて、本人が戸惑っているのかもしれないと思った。

こんなに差があったら、どうしていいかわからなくなって当然だ。

 

また少し様子をみることにする。

じゃあ、またね。